こっこ、主婦をする

26歳、超ゆるキャリママです。東京のタワーマンションから思いがけず田舎の村に移住してしまったよ。思ったことをつらつら書くよ。

2年間、ひとりもママ友ができなかった理由を考えてみた

こんにちはー。今日はママ友について。

 

もうすぐ息子が2歳になるんですが、ママになってから2年もたつというのに、わたしには一人もママ友がいません。一人もってことないでしょって思う人もいるかもしれないけど、ほんとに一人もいません。

ママ同士でどこかにでかけたことないし、ママ友とおうちで遊んだりしたこともない。

 

なんでかなーって理由をいくつか考えてみたんだけど

 

①保育園でママ同士のつながり薄いから仕方がない説

→運動会などで仲良くしてるママさんたちを見て、「あ、保育園でも社交的な人はママ友できるんだ」という事実を知る。よって理由にならない。てか、むしろ出会いの場として活用できるんだよね。

 

②子育てサークルみたいなやつに参加しなかったから説

→正確にいうと、育休中に2回くらいだけそういった類のものに参加しました。ひとつはベビーと一緒にやるヨガみたいなやつ、もうひとつはママとベビーが集まるカフェのイベントみたいな。ここでも、やはり社交的でオープンな性格の人ならたとえ1回の参加でもきっと連絡先とか交換してそのあとも遊んだりするんだろうなと感じましたが、ぼんやり参加してぼんやり帰っただけでした。

 

③職場にママが少ないから説

→いいえ、います。しかもママの歳もベビーの月齢もわりと近い人が多いので、行こうと思えばあそびに行ったりできるはず。でもしない。のは、うん、もうお分かりですね私が社交的でなくクローズドな性格だからです。

 

結論としまして、2年もママやっててまともにママ友できないのはこの非社交的なわたくしの性格に起因しているようです。

 

じゃあなんでママ友づくりにそんなに消極的なんだというと、これはまあ必要性を感じなかったからでしょうかねえ。育児の悩みとか、イベントとかはほぼ全部夫と共有していたことも大きいかな。しんどいよねーっていうのは、やっぱり同じ子どもを同じように育児してくれている夫とがいちばん分かり合えるし。もちろん、可愛さも。

 

ふたりで「この子は天性の才能がある…大物になるぞ…」「この写真、まじ天使。次期パンパースボーイきたよこれ」とか親バカトークを延々とできるのも、やっぱり身内以外じゃ「自慢かよ」てなってできないですし。ちなみに私は、その人の身内自慢とか聞くの好きなんだけどねー。子どもがこんなに可愛いとか、こんなに賢いとか、旦那さんがこんなにデキた人で…とか。聞いてて幸せになるー

 

なんか友達同士とかでも、これできる人って実はなかなかいないんだよね。遠慮して謙遜して、「うちのなんて全然〜」とか言う人も多いけど、ハッキリ「こういうところが素敵なの」って自慢しあうというか、「それ素敵だね」「すごいじゃん!」って言い合えるほうが気持ちいいんだけどね〜。

 

話それましたが、まあ平日はお仕事してて帰ってきてバタンキューで寝てしまうし、休日はけっこう家族3人で過ごすか、わたしひとりだけで友達と遊んだり勉強したり(これは夫と時間わけてお互いやってる)してるんで、なんだろう、ベビーつれてママさんたちと時間つくる機会があんまりないのも事実。で、いなくて困ってないかた作らないってのもまた事実。

 

でも、いたらいいんだろうなーって思うのは、近所の病院の情報とかかなー。

あとはどこおでかけしてどんな遊びしてるのーとか。聞いてみたいかも。うん、そういう情報共有はほんと子どものためにもなるし、社交的なママさんはすごいと思う。

 

あ、そうだ以前一度、職場の既婚女性たちだけのごはん会があったんだけど、そこでも実は浮いていた気がする…。というのも、やっぱり「旦那さんの愚痴」が圧倒的に話題の中心だったからなんですよね…「家事育児してくれない」「ラブラブとはほど遠い冷めた関係」「給料が低い」「喧嘩ばっかり」「趣味にばっかりお金使う」「セックスレス」とまあ…ヘビーなものからライトなものまでいろんな愚痴が飛び出てきたんですが、こういう話で盛り上がるの苦手なんですよねー…正直わたしそんなに夫に不満ないので…。(彼はいろいろあるかもですが!)

 

そうそう!わかる!って盛り上がれなくて、なんとなくぽかーんと聞いてたらあんまり話の輪に入れませんでした笑

 

 

ママ友とか主婦友うんぬんの前に、大前提としてわたしが人づきあい苦手ってのはありますね、ほんとに!

なので、もしどこかで「ママ友がいない」「これからママ友できるかな?」ってことに焦りや不安を感じている人がいるとしても(いるのかな?)あんまり重く考えず、ご自分のペースで育児やらなんやら楽しんだらいいんじゃないかと思いますね〜

少なくとも、わたしはママ友がいない2年間、そのことで特に困ることはなかったので…。

 

ていうかそもそもわたし普通の友達ですら少ないってかいないに等しいほどの人間なのにママ友とかできるわけないじゃんていうことに気づいたよっていうお話でしたー

おしまい

 

 

 

 

赤ちゃんといっしょに使える優秀クリームみっけた。

こんにちはー。息子が昨日買った電車に夢中すぎて、ひとり時間確保バンザーイなこっこです。新聞読んだり、こうやってブログ書いたり、紅茶いれたりお菓子食べたり…独身のときは何でもなかった時間が、ほんとしあわせに感じますね〜

 

さてさて今日は、この冬わたしが出会った優秀なクリームのご紹介。

 

赤ちゃんといっしょにおふろ入るのって、出た後がとくに大変なんですよねーとくにこの寒い季節は…。

早く服着せなきゃー体ひえちゃうーでもママも寒いーてか保湿もしなきゃ肌乾くーうわああ服着せたのにお風呂の床座らないでええええとかね、もうわたしの要領が悪いのもあってほんと毎回バタバタなんですわ・・。

 

で、うちの息子は冬の乾燥で肌がカッサカサにやられちゃうタイプなので、いちおう保湿ケアしてるんですけど、なかなかしっくりくるものがなくて。

いろいろ試して、出会ったのがこれ。

 グラフィコさんのskin PEACE for ファミリー。

ドン・キホーテで日用品の買い物してたら偶然レジ前で出会いまして。ちょうど息子の肌荒れが気になってきたので、あんまり期待もせず(失礼)購入。700円くらいだったかなー。するとこれが思った以上にデキる子で。

 

これまで、ジョンソンエンドジョンソンのオイルやボディミルク、アレルギーの赤ちゃん用とされるアトぴた、帰省先でみつけた天然成分のナントカカントカとか…←雑

まあいろいろやってきたんですけど、これが一番我々親子にはぴったりでしたねー

 

他のと比べて何が一番違うかというと、これは間違いなく「こっくり感」。

 

オイルだとちょっとベタつきとかあって顔にぬるの抵抗あるし

保湿ミルクや化粧水みたいなやつだと水分多すぎて結局蒸発?しちゃってわりとすぐカサカサになるし。あと変なとろみついてるのも気持ち悪いし…

 

なんですが、このスキンピースは、クリームがこっくりしていて、かつのびがいい!

にゅーっと2cmもだせば、私程度の短足なら十分両方しっとりさせられます。息子の顔にも、目のまわりとか避けて塗りやすいし、ある程度こっくり&のびがいいのってほんと大事なんですよね〜。

 

そして無香料。これもいいですね。わたしは全身このクリームをばばばーっと伸ばして、さらにお気に入りのボディミルクを軽くつけて香りづけしていますー。保湿はすでにスキンピースちゃんがやってくれているから、ほしい香りの量だけちょっとつけたらちょうどいい感じ。

 

ばしゃばしゃ系の保湿じゃなくて、こっくりのテクスチャーがお好みの方にはぜひおすすめしたい一品ですー。おかげでこの冬は母子ともにうるうるのお肌で過ごしております。Amazonでも買えるみたいなので、ぜひお試しくださいー。

 

あ、ちなみにママのお顔は、貼り付けながら家事育児ができるマスクはやっぱりありがたいですね。ルルルンとかコスパよくて気にせず使えるからいいです〜。朝も晩も白い覆面でバタバタ家事育児をする妻を夫がどう思ってるのかは気にしないことにしています…。

 

おしまい

銀座・子連れでも行きやすい焼肉ランチ!

銀座で赤ちゃんと一緒に楽しめるランチのお店を発掘するのが大好き、こっこです。

 

今日はいいところ見つけましたよー。

 

当初は東銀座・歌舞伎座前すぐの「天壇」のランチを狙っていたんですが

www.tendan.co.jp

 

超人気店をなめてた…ラストオーダー14時半とのことだったので13時半くらいにのろ〜っと行ったところ、なんと13時にはもうオーダーストップしていましたーーーー

出せる数を超えたんだって…ショック…ここ、ほんと評判よくてほんっと行きたかったので夫婦でずどーん。今度ぜったいリベンジする!

 

てことで、急遽別のお店を検索して、出てきたのが、こちら。

tabelog.com

 

こちらも東銀座。歌舞伎座から銀座方面に5分くらい?

とりあえず焼き肉が食いたい!!という勢いだけで決めたんですが、ここがコスパよかったんです〜。

1500円前後で、おいしい焼き肉とごはん、小皿、サラダ、スープ、ドリンク、食後デザートがついてました♪ カルビがとくにおすすめ。ほんとおすすめです。とろふわでおいしい。

さらに嬉しいことに、ちょうど奥の広い個室みたいなとこが空いていて、そこに通してもらいまして。ベビーカーのままでもOKだし、ちょっとくらいは歩きまわれるスペースもあり、まわりを気にせず食べられるという子連れにはありがたいポイントがたくさんありましたー。

 

行った時間が遅めだったのもあり、ちょっと路地裏にあるので、わりと落ち着いて食べられてよかった。ベビーと一緒に焼き肉がっつり食べたい気分の時におすすめです!

 

で、食後はそのまま銀座一丁目のほうまで歩いて少しお買い物。

 

またリターンしてきて、銀座あけぼのでいちご大福を購入♥︎ここのいちご大福、ほんと大好き。いちごの酸味とあんこの甘みが絶妙すぎて、もはや官能的といっていいくらいおいしい。と感じていて、毎年冬になるとせっせと買いにいっております。

 

最後に博品館までいって、お正月にじいじ・ばあばにもらったお年玉で、だいすきな電車のおもちゃを購入。帰宅後、器用にレールを組んで意気揚々と電車を走らせてました。よかよか。

 

ひさしぶりに、ザ・銀座な家族で過ごす休日でした〜平和平和。

おしまい。

年末、主婦の小商い。

あけましたねー

さて年末の話ですが、半日だけばばーっと掃除しました。すると息子が着られなくなった服や、全然使わなかった小物・おもちゃがゴロゴロでてきまして。

 

捨てるのもアレだしなーってことで、メルカリに出品してみました。

www.mercari.com

 

シミや汚れがあるものは雑巾にして(当日に早速息子がぶちまけたお茶ふくのに活躍)まだ使えそうなものだけ。

 

年末から出して、今日1月5日まででなんと売り上げ約1万円。すばらしい。

 

700円とかのもチマチマ出して買ってくださる方がいて、まさかのお年玉になりました^^

 

そのお金の一部で息子に新しく木のおもちゃを買ってあげることができて、よかったよかった。

 

あまりマメじゃないんで、シーズンごとに1回くらいしか出品はしないんですが、助かりますねーメルカリ。主婦のいいおこづかいになるし、何よりかわいいベビーグッズを捨てるのは、わりと心苦しいしね。譲りうけてくれる方がいることに感謝ですー。

 

 

ちなみに。

ちょっとしたメルカリ出品のコツを。

たくさんの方の目にとまるよう、タイトルと1枚目の写真にはかなり気をつかってます。

★1枚目の写真はとにかく明るく、清潔感がある写真をのせる。

・背景に気をつける。汚い床とかカーペットはNG

・しわがあるまま撮影もNG

注意:ほつれとか少しでも気になるところがある場合は、絶対にちゃんと2枚目以降にのせる。誠実に。

★目をひくタイトルにする。

・ブランドものであれば先頭に。

・素材感、見た目をキャッチーに表現。

・買ってもいいかなと思うコピーを考える

例)familiar*ふわもこポンチョ*未使用*

例)何枚あっても困らない♪80cm♪Tシャツセット

 

とかね。

 

ちょっとコピーを変えるだけで注目度があがって、結果購入につながることもあります。あと写真というかビジュアルはほんとに大事。ネットだから購入者が手にとって見られない分、誠実に、誠実に。これ超大事です。

 

てな感じで、主婦の小商いにもぴったりのメルカリでおこづかいゲットしたよって話でしたー。けっこうママでやってる人多いですよねー いい時代になったもんだ。

 

おしまい。

 

 

 

息子が1歳半ごろから愛用してた手作りおもちゃですー

f:id:coccotan:20151208211012j:image

 

 

どーん。とね

そういえばアップしてなかったんで今更ながらお披露目。

 

手づくりおもちゃって言っても、よく考えたらわたし何も作ってないんだけど

これ

息子が1歳半くらいから愛用してて、今だに熱心に取り組むおもちゃのひとつです。

 

名付けて 3色わけわけぱっちん

 

だっさ…

 

遊び方を説明しましょう。まあ見たまんまなんですが、

 

仕切りのついた箱を用意します。

洗濯バサミと100均で買ったボールを3色適当に用意します。

 

最初はママが、洗濯バサミをぱっちんと箱に挟む様子をみせてあげましょう。最初は指の力が弱くてうまくできないけど、何度も見て何度かママの支えありでやっていくうちにできるようになりますよ〜

 

できるようになると、はさむのが楽しくて夢中でぱっちんぱっちんやります。

 

で、さらにぱっちんと箱から外すのが楽しいみたい。

挟むより、外すほうが力いらないのでこっちはわりとすぐにできるはずー

 

で、さらにさらに、3つの仕切りに3色のボールを色わけして入れておいて、

赤 青 黄 それぞれに対応した所に洗濯バサミを入れるようママが見せてあげます。

最初はバラバラに外してそこらへんにポイポイ置くだけですが、そのうちちゃんと色わけできるようになるんですよね〜

 

子どもってほんと何でも吸収してすごいっす

 

ボールわざわざ買わなくても、折り紙を箱の底面に貼ったり、身近にある3色の小物とか何でもいいですー。ルールを分かりやすく見せてあげられるものであれば何でも。

小物とかの誤飲だけは気をつけてみてあげてくださいねー

 

 

 

てなわけで、

どこのおうちにでもある小物で、指先を使った遊びとルールにそった遊びが1歳でもできるんですーっていう紹介です。

 

これ、たまたま図書館で読んだ「モンテッソーリ教育」の「教具」として紹介されていたものを簡単につくっただけなんですけどねー

 

ありがたいことに息子のツボにはまったらしく、けっこう集中して遊んでくれます。朝の準備でバタバタしてる時とかしばらくおとなしく動かないでーって時に役立つのでけっこうおすすめ。

そして、できなかったことを驚くようなスピードでできるようになっていくプロセスを見るのも楽しいですよ。

 

ぜひ作ってみてくださいねー

おしまい

 

 

育児と美意識の両立がハードすぎて泣きたい

最近なんかもう美意識というものをどこかに忘れてきてしまった感があります。

だって…だって…

 

CASE1 女っぽセクシー♡なゆるふわの服を着る

→外で襟元服ひっぱられ乳見えそうになる。ただのだらしないねーちゃん状態。

 

CASE2 今日は大事なクライアントと会う日だからきれいめワンピ!

→笑顔で牛乳をテーブルにこぼす(故意に)。ソファにかけてたワンピがもれなくキャッチ!やさしいミルクの香りがとれず急遽別の服に。

 

CASE3 今日は同僚とおしゃれランチ行くからたまにはヘアメイクがんばっちゃおう!

→コテと化粧道具に興味もって、よこせと騒ぐ、よこさなければ大声で泣くぞと恐喝。今日だけはちょっと時間くれと交渉するも失敗におわり、結局まともにできたの眉だけ。

 

わかっている…わかっているのよ…早く起きればいいの、彼が寝てる間に準備すませたらいいとか思ったこともあるわ…でもわたし睡眠不足なの!!!寝たいのよ!!

 

それにねえ、ばっちり決めこんだメイクや服きてるとなんか子どものやんちゃを笑えない時があるんだよなあ〜 せっかく綺麗にしてるのに、とか、せっかく外向けの気分になってたのに、なんでタイトスカートはいて床にはいつくばって米粒とってんだわたしとかさ、思っちゃうんだよう。でテンション下がるんだよう。

いかにもおかあちゃん、みたいな顔と格好してるほうがねえ、やっぱり育児にはいい気もするんだよなあ。あーまたやったなーって笑える。やっぱよくも悪くもファッションて人の心に影響するよねえ。

 

そのへんのバランスうまくとれる人はほんとにおしゃれだし穏やかなママなんだろうな…

おしゃれも凡人レベル、穏やかさは人並み以下のわたしにはこの両立が大変むずかしい…

でもママモードファッションに慣れるとね、やっぱりちょっとやばいなと思ってるんです最近。仕事でのここぞって場面の時のメイクとかがねえ、なんか浮いちゃうんだよね。普段気を抜いてるのがメイクってすぐばれるよね。

だから普段から綺麗に、気をひきしめる格好したいんだけど、

いやでもこの格好で12kgをだっこするのか…このスカートに鼻水つけられるのか…と思うとなかなかモチベーションがわいてこない。危機です。

どんどん中身がおばちゃんになっちゃうよーーーーひいーーー

 

明日は仕事でけっこう大事な人に会うのと、たくさんのはじめましてがある日なので、ちょっとがんばりたい。ああ、でも口紅とかアイメイク浮きませんように…

よし、今日は眉毛まともにかけてないのでとりあえず眉つくってきます。昼からがんばるぞーーー

 

 

 

 

子どもの発熱で家庭内が地獄と化しています。

地獄から逃げてきました。いま、家の近所のカフェでチャイを飲んでいます。楽園のようです。

 

金曜日の昼過ぎに保育園から、息子発熱の連絡があり仕事を早退して引き取りました。

熱があるときってかわいそうなんだけどもうグズりがとにかくひどい。何やってもずっとぐずぐずイライラしてるし、思い通りにならないことがあると発狂。だっこの要求も平常時の5倍くらい。

金曜の夜、平日の疲れがどっとでるタイミングでこれはキツい。しかもその日生理初日でおなか痛い。貧血。の状態でこれ。泣きたい。

あまりに体力的精神的に疲弊したので夫に早めに帰ってきてもらい、その夜はなんとかふたりで看病。もうヘトヘト。

 

夜が明けて土曜日。まだ治りきらず機嫌悪い。しかも外は雨&極寒。外でれない。

夫が仕事関係の用事はいっていたため、夕方早めに切り上げてもらったもののほぼ1日中、狭い家で不機嫌な赤子と密室育児。生理2日目。腹痛やばい。貧血で倒れそう。週末勉強したいことたくさんあったのに。死にたい。死にたくなる。夜も寝ない。泣き声と奇声を1日中BGMにしてたせいでなんかげっそりやつれてる。夜はさすがにわたしは寝て夫が徹夜で看病。

 

日曜朝。あいかわらず機嫌悪い。熱さがったけど甘えることに慣れたのか、いつもよりわがままがひどい。夫、徹夜のためフラフラ。わたし相変わらず生理痛。もう地獄。

家のなか荒れ放題だし昨日1日中ひきこもってたせいで精神的になんかやばい。

で、さっき。おなか痛いなかだっこしても、ごはん食べても、お茶飲んでも機嫌悪く、絵本を投げる息子にブチ切れてしまいました。

おとなげないことをしました。でもなんかもう限界。

 

夫が家から逃がしてくれたので、近所のカフェで泣きながらこのブログを書いてるわけです。何に泣いてるんでしょう、自分でもよくわからない。自分のいたらなさを責めてるんでしょうか、息子に申し訳ないと思ってるんでしょうか、こんな毎日がこれからも続くことに絶望して泣いてるのでしょうか。ほんとによくわからない。

 

よくネットとかでさ、子どもの病気が2週間続いてずっと看病してましたとかあるじゃん。あれ、やばくない?どうするの?わたしどうしたらいいんだろ、そんなん耐えられる自信がないよ。病児シッターさんとかに来てもらうのかなあ、でも高いんだろうなあ。しかも当日来てくれるとことかあるの?誰かいいとこ知ってたら教えてください。

 

お昼ごはん食べてしばらく散歩したら帰らないとな。夫も寝てないんだ。交代しないと。

 

ああー…早く明日になって、熱下がって、保育園にほりこみたい。

職場に逃げたい。

 

最悪な週末です。

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1歳8ヶ月の息子、数字にハマる。

こんばんはー。

最近まで車にお熱をあげていた息子が、新たな興味の対象をみつけました。

それが数字。

 

うちはマンションなので、毎日エレベーターに乗るときに、1から順番に指さして「1、2、3」とかって言ってたんだけど、最近急にその言葉を理解したようで。

 

おでかけしても車のナンバープレートをみては

「ご!さん!なな!よん!」など一生懸命言っております。

テレビのリモコンや、広告など、意識してみれば数字って赤ちゃんのまわりにたくさんあるもので、毎日熱心にわたしに教えてくれます。

 

あと、ひらがなにも熱心。

「の」と「ん」がお気に入りで、これも本や広告で見つけると、すぐにアピールしてきます。かわいい…。

 

そんなわけで手作りの ひらがな表と数字表をつくってみました。

画用紙に色鉛筆で順番に書いただけですが。そしてさっそく色鉛筆で表に落書きされましたが…。

 

気になった時に「これなあに」ができるよう、表は息子の目線の高さにぺろんと貼っておきました。すると大変気にいったようで、毎日指さしして練習してる模様。

 

毎日毎日いろんなことを吸収していって、みていてほんと楽しいですね〜。

子どもの好奇心の芽をつみとらないよう、ぼやーっと見守ってたいですね〜。

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

銀座で子連れランチ!穴場のお店を紹介するよー

こんにちは。わがやはよく休日に銀座におでかけするのですが、子連れランチしやすいところって探すの難しい…。銀座 子連れ ランチとかで検索して出てくるとこも行ったけどさすがに超人気でなかなか落ち着かず…。

 

こことか有名ですね。銀座三越の、みのる食堂。

http://minoriminoru.jp/diner/

たしかに子連れでも気兼ねなく使えるし味もおいしくて素敵なんですが、なんせ人気店なので平日でも休日でも超満員です。休日のお昼時なんてすごい列できてますからね〜

 

ママ友とかと使うのはいいかもなんだけど、子どもがいない友人夫婦とのランチとかには使いにくいかな〜もうちょっと落ち着いたとこないかな〜ってことでいろいろ行ってみて、子連れでいちばん使いやすかったのが、ここ。

tabelog.com

 

銀座といっても新橋寄りのはしっこ、ドンキの向かいあたりにあるお店です。

夜はけっこうお値段するんだけど、ランチは1000円ちょっとでおいしい豚肉が食べられます。子ども用メニューは特にないんですが、ここ、めちゃくちゃ量が多いしごはんおかわりできるので、夫婦でちょっとずつ子に分けてたらもう十分。

 

銀座の大通りから少しはずれることもあって、お昼どまんなかの時間でもお客さんは少なめ。そして広々したお座敷が使えるので、ほんっとーに子連れに使いやすい!雰囲気も高級感あって、素敵なんです。

 

銀座で子連れランチといえば、銀座1丁目の無印のMeal MUJIとかも有名だしおいしいけど、ここ羅豚はわたしのなかでは銀座ナンバーワンです。

ランチでも予約できるので、ぜひぜひ行ってみてくださいねー。

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

窒息しそうな倦怠感。映画「ブルーバレンタイン」の感想だらだら

「夫婦でみてはいけない映画ナンバーワン」の異名をもつ映画、ブルーバレンタインを観ました。

ブルーバレンタイン

ブルーバレンタイン

 

ある夫婦の出会いから別れを描いているのですが、別れる直前のカップル特有の倦怠感の演出がうますぎる。リアルすぎて息苦しい。

 

これみてて思ったんだけど、友達とかに「彼の嫌なところは?」って聞かれて明確に答えれるうちはまだセーフなんだろうね。「ものを片付けない」とか「女癖悪い」とかさ。倦怠期まっただなかのカップル(夫婦)って、言葉にできないような小さなイライラやズレで「なんか最近無理」「もう嫌」ってなるんだよね。他人には説明できない、2人にしかわからない「なんだかな」が積み重なってって、なんかのきっかけで崩れちゃうんだよね。

 

で、この映画はほんとにこの「なんだかな」の描写がリアル。これドキュメンタリーかな?ってくらい夫婦の倦怠感がでてる。たしかにラブラブまっただなかのカップルや夫婦にはおすすめできないかもだけど、ある程度落ち着いた夫婦とかなら、逆におすすめしたい映画かなと思いました。なんでこんなにキラキラしてたふたりが壊れていっちゃったんだろうねって話をできるくらいの関係ならね。

 

夫婦の関係ってふたりでつくってくものなので、どっちかが100%悪いってことないとおもうんですよ。だから、喧嘩になった時とか、どっちかが表面的には絶対悪いって思うような出来事も、「いちど自分を振り返ってみて」っていう姿勢を学ぶことはできると思います。

 

あと思ったのはカップルって、くっつくときに好きになったところを嫌いになって別れるんだなってこと。映画の夫婦でいうと妻は、彼の「楽観的なところ」「身近な人を大切にするところ」なんかに惹かれてたはずなのに「現実的に物事をみない」、家族との時間を大切にするという大義名分を利用して仕事もろくにしない夫を「向上心がない」という見方に変わってしまう。

 

夫は、彼女の「自分の夢にまっすぐ向かう姿」に惹かれたのに、「仕事ばかり優先して家庭でギスギスしてる姿」にうんざりする。

 

これはどのカップルでもそうなんだろうね〜。好きだったところが嫌いなところに変わるの。わたし自身、夫の「もの静かで思慮深いところ」が好きだったのに、イライラしてる時は「ただの陰気なやつ」にしか見えないですもの…。

 

映画でもそうだけど、最初は相手にそういう部分を求めてたのにね。

自分の都合が変わると相手のいいところをいいように見れなくなっちゃうんだよね。

そうです、相手は何も変わってないんですよ。変わったのは自分の見方、感じ方。

 

なんか最近うまくいかないな〜なんか相手にイライラするな〜って時は、たぶん自分が変わっていってる時期なんでしょうね。最近までわたしもそうでした。

この映画の奥さんほどではないけど、ちょっと仕事関係でがんばりたいモードだったんですね。そういう時に夫の穏やかでのんびりしたところを見てると、なんだかテンションが下がってしまったりして。うん、改めて書くとひどいな…。自分勝手すぎますね。

その穏やかさやのんびり感に救われたことも何度もあるのにね。

 

だから、最近パートナーにイライラしてばっかり!もうやだ!って人は、どうかぜひ一度、自分がもしかして変わったのかな?って確認してみて。そんで、そのイライラする部分に前の自分だったらトキめいたりしてなかった?癒されてなかった?そこが好きだったんじゃない?って思い出してほしい。

 

なんか、そういう当たり前のことを痛感させられる映画でした。

この映画に関しては、夫婦に子どもがいるのでなんとかそういうふうにマインドセットしてほしかったですが…実際ほんとにつもりつもってる時ってそういうふうに思える余裕もないですからね…。

 

わたしのなかでは、これはぜひ夫婦でみてほしい映画でした。

おしまい。