読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦する25女

25歳、超ゆるキャリワーキングママです。

「ママ1歳」の動画で仕事中に涙腺崩壊しかけました。

 

仕事していてたまたまネットで見つけたこちらの動画。

1歳になる子をもつママへのサプライズムービーなのですが、もうね、ほんとデスクでおいおい泣くところでした。


MOM’S 1ST BIRTHDAY ママも1歳、おめでとう。| 紙おむつのパンパース

 

ちょうど我が子ももうすぐ1歳になるんだけど、そういえば私も「ママ1歳」なんだなーと思って。うっかりがっつり感情移入してしまいまして、ええ大変でした、「バカ泣いてないよ」って感じで仕事続けるの。

 

23年しか生きてないけど、この1年ほんとーーーに人生で一番大変でした。

というか、妊娠してから今日までの1年半くらいか、ほんとにほんとに濃かった。

 

何もかもが初めてのことだらけ。

妊娠したのももちろん初めてで、自分のまわりには妊娠・出産経験者なんていなくて。不安な気持ちは誰に相談したらいいのか、どう向き合えばいいのかわからず泣いてばっかりでした。

 

まわりの子が仕事に恋に一生懸命やってる姿と、仕事もやめて切迫とかで家に引きこもって、どんどん丸い体になってく自分を比べちゃうのが辛くてSNSも見れなかった。

 

自分の未熟さから、実は何度も、今回の命はあきらめよう…と思ったりもしてて。

その度、一番近くで夫が支えてくれ、2人で産んで2人で育てて2人で親になろうと言ってくれました。仕事も遊びももっと思い切りやりたかったと、いつまでも母親になる自分を受け入れられない私を、愛情深いママになれるはずと気長に待ってくれてました。

 

不安だらけで過ごした妊婦期と、壮絶な痛みで意識とびそうになった出産を経て、バタバタと育児が始まって。

 

生まれてみれば、なんとまぁ無力なこと。この子の命って、私が守るしかないんだなという思いが日に日に強くなっていって、だんだんゆっくり、母親になってきている気がします。

 

初めて笑った日、初めて寝返りをうてた日、初めてごはんを食べた日、夫や家族みんなで応援してお祝いして。初めての熱や夜泣きがひどい時にはどうしようどうしようと自分まで子どもと一緒に泣いてしまったり。

 

多分、23歳という年齢で家庭をもつ、子どもを生むということは、それなりに何か失うものもあったと思う。子育てがしんどくてしんどくて不安で不安でしょうがない時なんかは、そういう面ばっかりフューチャーしちゃうこともある。

 

でも、あれだけ迷った上で子どもを産むという決断をして、いくつかのことを諦めてでも得たいま目の前にある幸せは、やっぱりものすごく大きい。もう、ひとりで味わえる幸せには戻れないなってくらい、家族がいることのあったかさや心強さを感じております。

 

ママ1歳を前にして、この動画を見ながらほんと激動の1年間だったなあとしみじみしてしまいました。さきほど人生で1番大変だったと言ったけど、ほんとに1番大変で1番しんどくてぶっちぎりで1番幸せな1年だったなと思います。

 

ママ1歳、これからも子といっしょに成長させてもらいます。おしまい。