読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦する25女

25歳、超ゆるキャリワーキングママです。

母親は「自分の欲」を意識的に考えるべき

思いついたことそのまんま書くので乱文ですよ

 

母 という言葉と 欲 って言葉。

あんまりセットで見ないですね。

でもね、ふつーにあるんですよ、母にも欲が。

社会とか、旦那とかに都合よく「ない」ことにされてることが多いけど。

 

たとえば仕事で評価されたいという欲。

たとえば着飾ってディナーに出かけたいという欲。

 

あるんですよ。でも、悲しいことに、多くの母たちが産後、

個人的な欲を見失います。

おぎゃーと出てきた我が子に振り回され、慣れない育児に疲弊し

激変した環境に迎合していくうちに

正しい欲のもち方すらわかんなくなっていく。

 

当然っちゃ当然かも。だって、自分の欲と向き合ってる時間なんてなかなか作れないもん。人間の最低限の欲(おもに睡眠欲)すらかなわない状態で、

 

こんなこといいな、できたらいいな、なんて普通思えない。

 

たしかに街を歩いてキレイな女性を見ると、いいなと思う。

高いヒール履いて夜遅くまでお酒飲みたいな、とか。

 

でもまず寝たい。ゆっくりごはん食べたい。怒鳴り声をあげずに過ごしたい。

そんな欲すら満たされない毎日のなかで、自分ってなんだっけ、何を欲してる人間なんだっけ、何が楽しいんだっけ、て分かんなくなるんですね。つい最近までのわたしがそうでした。

 

あれやりたい→でも子どもいるから無理 とか。

ここ行きたい→でも家族おいてはいけないし無理 とか。

 

でも息子が1歳8ヶ月を迎え、わたしのなかにようやく「わたし個人」の人格が正常作動し始めてきたと感じています。いままでは「ママ」としての人格がやっぱり大きかった。

ママとしては、こんな毎日が理想。

ママとしては、こんな仕事が理想。

 

でもどことなく満たされない。それもそのはず。

わたしはママであるまえに「わたし個人」の人格をもつ人間だからです。

で、その人格の欲を満たしてあげないとやっぱり輝けないというか。

 

もちろん、母になったら我慢しなきゃいけないこともあるし、物理的にどうしてもできないこともあるよ。でも、意識的にせよ無意識下にせよ、「〜のために我慢してる」ってのはやっぱり不健全ですよねー。何より恩着せがましい感じがして好かん。

 

その「〜」は、ほんとにそう望んでるのかも怪しいですし。〜のためっていうのは、自分の行動や判断に責任もってないような言い方だからわたしはあんまり好きではない。

 

たとえば

風邪でつらくても夫のためにご飯つくる とか。

 

ほんとは自分のためじゃない?

いい奥さんって思われたいからじゃない?

サボる自分を、自分で許せないからじゃない?

 

このケースに限らず、こんなにしんどいのにやってあげた…って思うくらいならしないほうがいいですよ。そういう気持ちって相手に伝わっちゃうし。

 

自分はほんとうはどうしたいの?

いい妻ならこうするだろうじゃなくて

いいママならこう言うだろうじゃなくて。

 

どうやってれば自分はハッピーなの?ってことですね。

 

自分の欲をちゃんと自覚して、それを自分でかなえてあげなくちゃ。

 

そうすることが結局は身近な誰かさんのためにもなる。

 

極端な話、

家事は完璧。育児も熱心。浮気もしないし、よく働く。

でも自分と同等のがんばりを家族にも求めてギスギスしてる人

 

 

家事は適当だし育児も雑。

好きなことを好きなようにやるから家族は振り回されることもある

だけど毎日機嫌がいい人

 

だったら後者のほうがいいですよねえ。自分で欲満たしてるんだから。

自分のご機嫌をとるってのはある程度のオトナなら当然の義務ですよ。

 

自分を犠牲にしてでも家族のことを常に優先、みたいな姿勢が美しいとされることも

いまだによくあるけど、ちゃんちゃらおかしいですよ。

その人が「わたしがそうしたいからやった」てなら別ですけど「家族のために」ってのはなんか違うんじゃないか。

 

自分の欲と向き合うことを怠けただけじゃないのか。

向き合って、家族やらまわりの環境との折り合いをつけながら実現していくって努力をしなかっただけじゃないのか。

 

なんか誰に憤慨してるかわかんないけど、今日はやけに暑苦しい文章になりました。まだ産後のホルモンバランスの乱れとやらが続いてるんすかね。次はもうちょっと爽やかな文章書きたいです…。

 

全然まとまらないけど、おしまい。