こっこ、主婦をする

26歳、超ゆるキャリママです。東京のタワーマンションから思いがけず田舎の村に移住してしまったよ。思ったことをつらつら書くよ。

学生時代の友達と合わなくなってきた

 

こんにちはー

連休中ということで、県外のお友達が遊びにきてくれました。

 

大学時代に仲が良かった4人組のなかのひとりなのですが、

まあ、なんというか

年々、合わなくなっていきますよね。

 

仕事のスタイルだったり

配偶者・子どもの有無だったり

住んでる場所だったり

 

環境が変わると、まあ、もうとにかく話すことがないんですわ。

相手もそう思ってると思うけど…

 

学生時代は、やっぱり同じ環境のなかにいて、

同じようなことに興味もってたわけで

朝まで語ることもたくさんあったんだけど

正直いまとなっては、中身のある会話なんて30分が限界ですね。

 

中身のある、というか、

ワクワクできる会話っていうのかな、

そういうのはほんと30分ももちません。

 

同級生の近況報告も、聞けば「へえ〜」と思うけど

深堀りするような話ではないし…

 

独身と子持ち既婚では、仕事へのスタンスだったり

求めることが全然違うし、

そもそもフリーランス(私)とふつうの会社員の人では

やはり話は噛み合なかったり。

 

転勤や転職、転居をガンガンしていくタイプと、

職も住も同じところにとどまっていたいタイプでは

やはり価値観にズレがでてきたり。

 

まあ、そりゃそうだよねって感じなんだけど、

ハッキリ言ってしまえば、

たのしくないわけですね。

たぶん、お互いに。

 

卒業してから時が経つごとに、ほんとに合わなくなっています。

何を大事にして生きていくかも、違うしね。

しょうがないよね〜

 

基本的にわたしはやりたいことや、興味あることがほんとに

コロコロ変わるタイプなので、

やっぱりその時その時で、つきあいたい人が変わるし

おもしろいと思うことも変わるのは、しょうがないかなあと。

 

今度はみんなでって話がでてるんだけど、のらりくらりと断ろう。

 

でも遊びに来てくれたのは嬉しかったな。

みんなもっとおばちゃんになると案外また通じ合えるのかもね〜

 

歳とる楽しみのひとつ、と思っておきましょう。

 

おしまい