読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦する25女

25歳、超ゆるキャリワーキングママです。

ママを怒らせるのは、子どもじゃなくまわりの他人

 

なのかな、と、ふと。

家の中では違うかもだけど、街なかで、またはママ同士の集まりなんかで。

 

「ちゃんとしなさい!」とか

「静かにして!」とか

「そんなことしないで!迷惑でしょ」とか

言うママって多いと思うんだけど、

 

ママがそう言うのって、

まわりの人の存在があるからなのかなぁと。

 

まわりにいる他人への、ちゃんと怒ってるっていうアピール…とまではいかないかもしれないけど…うーん

 

先日ママと幼児が集うイベントに参加しておりまして、そこで何組かと親子と一緒にあそんだりお話させてもらったんだけど、

 

子ども同士のちょっとした取り合いとか、おもちゃを貸す貸さないとか、なんかそういうのに一生懸命口を出すお母さん、けっこう多いんだなぁと感じました。

 

で、それは、たぶん、取り合いをしている子どもの親、つまり私への気遣いなのかしら、と。

 

わたしは子ども同士で大怪我になるような危険な喧嘩とかじゃない限り、ぼや〜んと見守るタイプですので、たとえば子どもがよその子と何かもめてても仲裁に入ったりしない。

 

だけど、喧嘩となるとやっぱりどちらか一方あるいは双方「手を出す」だったり「いじわるをする」とかがあるようで、その加害者側(というと大げさだけど)のほうの親は、やっぱり気をつかうものなのかなぁ。

 

まぁどえらい暴力とかはとめてほしいんだけど、ちょっとイザコザしたくらいで「どうしていつも意地悪ばっかりするの?」とか「わがままばっかりしちらお友達に嫌われちゃうよ」とかあまりにひどく言われてるのをみると、なんとも子どもが気の毒になるというか…。

 

親が相手の子どもに一生懸命「ごめんね、ごめんね」って言うのも、なんか違うような…。

 

謝られる側も、そこまで言わなくて大丈夫ですよ、とも言いにくくて。やっぱりしつけの方針て家庭によりけりですものね。

 

だからあんまり上から偉そうにも言えないんだけど、うーん、そこまで言わなくても…と思ってしまう。

 

だけど、そのくらい加害者側の親は言わなきゃって空気を、自分もふくめまわりの他人が作っちゃってるのかな。謝らないと「なにあのママ…って思われそう」って、そんな空気を無意識に作っちゃってるのかなと思いました。

 

みんながちょっとずついろんなことを許せるのが当たり前な社会になれば、こういう変な気づかいも減るのかなぁ、と、ぼんやり思いましたとさ。